こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!
以前端末書いた、
《報告1》LINEモバイルの端末保証に電話してみた!
《端末保証報告2》LINEモバイルから貸出端末が届いた!
の続きの記事になります!!

Galaxy S6 edgeが背面割れ、全面ヒビ、音量ボタン動作不能、電源ボタン死亡といった状態に陥りまして、
LINEモバイルの端末保証を試してやるぜ!
と意気込んで修理に出したんですが、
昨日電話がかかってきまして…

11万円の修理費がかかる

と言われましたw
ほぼ全損扱いで新品と交換になるから11万円。
5万円をLINEモバイルが負担してこちら側の負担が6万円とのことでした!!

払わんわい!

6万円あれば、新古品でGalaxy S7 edgeが買えそうです。
中古でよければGalaxy S6 edgeが二台買えそうです。

つまり6万円も出して修理する価値はないんですね。。。
なので!!

Zenfone3にしてもらうことにしました!!

スペック的には少し下がりますが、
評価の高い端末ですし、まあいいかなーって感じです。

端末は選べないのですが、
修理を申し込んだ端末に最も近いスペックの端末になるので、
Galaxy s6 edgeのスペックが高いこともあり、Zenfone3と交換ということになります。

ちなみに機種は選べず、Zenfone3で確定でしたが、
色は選べました!!
これは結構嬉しかったですw

勝手に端末送りつけてくるのかなーって思ってたんですが、
電話で、「色は黒と白がありますがどちらがよろしいですか?」と聞かれたので驚きましたw

端末の指定はできませんが、カラーの選択は許されるようです。
友人が白のZenfone3のため、私は黒のZenfone3にしました!

ここからは私の推測を含みますが、

LINEモバイルの取り扱い端末の中から選択されるので、
在庫がある限りは高スペック端末だとZenfone3になるようですが、
Zenfone3の在庫が尽きた場合はHuaweiのnova liteとかになる可能性もありそうです。

さらに言えば、これから高スペック端末がLINEモバイルに追加された場合、
Zenfone3ではなく、そちらの端末と交換になる可能性もありそうです。

しばらく耐えられるような故障の場合、
新商品の発表、追加を待ってから交換に出したほうが新しい端末を手に入れられる可能性があります。
まあ、私のように全損に近い故障の場合はそんな悠長なことも言ってられませんが。。

私がLINEモバイルの端末保証を使って思ったことは、

  • 貸出端末は低スペックなので辛い
  • 電話の対応はなかなかいい
  • 修理は時間がかかる
  • 交換対応は割と迅速
  • IMEIさえいれておけば審査自体は緩い

ということでした。
これからLINEモバイルを利用される方はぜひ端末保証には入っておきましょう!
不足の自体で端末が壊れても低価格で修理、交換してもらえるのでありがたいです。

以上!RABIMAX管理人、らびでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください