MediaTekのHelioっていうCPUについて話そう

2018-12-12

こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!
本日ご紹介するのは最近よく聞く、
もしくは見かけるようになったMediaTekのCPU、Helioシリーズについて話そうとおもいまーっす!

MediaTekのHelioってなんなの?

MediaTek(メディアテック)は台湾の半導体メーカーです。
MediaTekの作っているHelioはスマホでいうところの頭脳、心臓部にあたるSoCですね!
スマホの低価格化へ貢献しているという点では他のSoCの追随を許さない感じになってきてますね。

Helioシリーズとは

Helioにはクラス分けが存在し、
「Helio ○ 数字〜」という型番で表されます。
Snapdragonでいう800シリーズ、600シリーズ、400シリーズ、200シリーズみたいなやつですね!
HelioシリーズはGPUが弱いという定説がありますが…

Helio Xシリーズ

XシリーズはHelioの中でも最上位、
つまりハイエンドモデルに搭載されるものになります。
軒並み8コアから10コアの64bitプロセッサーで構成されており、
他の同社製品の中でもっとも優れたパフォーマンスを発揮します。

Helio X10ぐらいのころは3Dに弱く、
スナドラにかなりの嵳をあけられていましたが、
X20番台以降はGPUも強化され、3Dに弱いとも言えなくなってきました
基本的には数値が大きいほどハイパフォーマンス、と思ってもらって問題ないと思います。

X30 > X20 > X10

Helio Pシリーズ

Pシリーズはミドルレンジの端末の多く搭載されており、
最近主流の格安の中華スマホのスペック表でよくみかけますね!
スナドラなどのSoCに比べて廉価なんでしょうね。

Pシリーズは数字が大きいほどパフォーマンスが高い、というわけではなく
基本的なスペック + 得意分野をもっている。
ということがあげられます。

例えば、
P23は、4G同士のDSDSに対応しているとか、
P30はカメラ用のカスタマイズがほどこされているとかです。
一概にでかい数字のほうがいい、とは言い切れないですね。

また一例ですが、P23という同じ型番の中にも、
MT6763VMT6763Tと2バージョンあり、
Vは低スペック、Tは高スペック(Vと比較して)だったりするので、
Helioの端末を購入する際にはP○○という番号だけを確認するのではなく、
その中のどのバージョンなのかを確認しておくことをおすすめします!!

まとめ

中華スマホを購入するなら知っておくべきHelioについてまとめてみました!!
スマホは毎日使用するもので、ストレスなく使いたいため、
型番詐欺に引っかからないようによく注意して購入したいですね!

参考になれば幸いです!
以上、RABIMAX管理人らびでした!

ちなみに昨日ご紹介したUMIDIGI Z2はHelio P23 MT6763Tのほうなので安心してご購入ください☆(ゝω・)vキャピ
確証がもてなくなってきたので訂正しておきます。
一部ブログなどではMediaTek Helio P23 (MT6763T)と表記されていたり、
MediaTek Helio P23 (MT6763V)と表記されていたりで確証がもてません。
この表記ゆれはなぜかというと、MT6763というところまでは表示されるのですがTかVかは表示されないので判別がつかないのです。

私はスコア的にTかな、と思うのですが確証はもてないので訂正させていただきました。

スマホ

Posted by rabi