DADAROMAの魅力を語る!

2017-10-12

こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!!
本日はDADAROMAの魅力、
カップリング曲で好きな楽曲などを紹介していきます!

私とDADAROMAの出会い

これはかなり多いのではないかと思うのですが、
やはり「溺れる魚」のMVでしょう。

はじめて見た時の衝撃は今でも忘れません。
これがお披露目楽曲か!と度肝を抜かれました。
そこからずーっとDADAROMAを追っている感じです。

あ、まだ見たことないよ!って人はぜひこちらを↓

ジャンルはDADAROMAだとおもっている

DADAROMAのジャンルはなんですか?と聞かれれば私はDADAROMAですと答えるでしょう。
楽曲にらしさがあることが武器なんじゃないかな、と思っています。

シングル、アルバムと発売されるたびに違ったDADAROMAらしさを見せてくれるのが面白いです。
例えばdadaism#1や#2のようなダークでハードなナンバーのミニアルバムが続いたと思えば、
dadaism#3ではダークさは残しつつキャッチーな路線になってみたり。

バンドとしてのハードだとかダークだとか、
そういった核がないのではなくて、何にでもなれる何でもできる、
そういうところが私がDADAROMAを好きな理由の一つです。

カップリング曲に捨て曲なし

シングル曲にはたいていカップリング楽曲があります。
表題曲1曲カップリング曲2曲か、
表題曲1曲カップリング1曲+DVDとか。

DADAROMAのCDはすべて買ってますが、
シングルを買って聴いて、「これは捨て曲だろ」と思ったことはありません。
すべての曲に違ったアプローチがあって、世界観があって、メッセージ性がある。
カップリング楽曲に重きをおいてご紹介することでDADAROMAの魅力を語ります!

愁いリビドー

「雨のワルツ」のカップリング曲。
ジャジー感のある演奏とVo.よしあつの声が絶妙にマッチする楽曲です。
サビのキャッチーさと歌詞から漂うアダルトな雰囲気が実に見事です。
こちらが表題曲でも間違いではなかったと言えます。

アパシー・ヒューマン

「最終電車」のカップリング曲。
こちらは表題曲の「最終電車」がバラードだったこともあり、
疾走感のある楽曲になってます。
最初の語り、デスボ、サビのメロディーどれをとってもカップリングとまとめてしまうには惜しい。
こちらも名曲です。

ブリキ

「夢タラレバ」のカップリング曲。
ぼそぼそとはじまるヴォーカルから、強烈なシャウト。
そして独特な流れのままサビへ。
こちらはなかなかに癖のある楽曲でしたね。
表題曲にするにはアプローチが独特過ぎた感がありますが、
カップリングとして、一つの作品としてバッチリはまっていました。

クワイエットレッド

「造花とカラシニコフ」のカップリング曲。
正直この曲をはじめてきいた時の感想は「え?これがカップリング?」でしたね。
わかりやすい楽曲、伝わりやすいテーマ。
ここまできたらこちらを表題曲にしたほうがいいのでは?と感じてしまうレベルの完成度。
ヘドバン、拳を振り上げるポイントがあるようで思わずニヤリとしてしまうこと請け合いです。

ディレンマとキャンドル

こちらも「造花とカラシニコフ」のカップリング曲。
優しい歌い出しから悲しい歌詞が繰り広げられる楽曲です。
一つのシングルから一つのカップリング曲を、と思っていたのですがこれは外せませんでした。
ダークでハードな楽曲に疲れたら聞きたくなる名曲です。
終始一貫して優しい憂いのある歌い方をするよしあつさんがかっこいいですね。

別れのうた

「ポルノグラフ」のカップリング曲。
表題曲のキャッチーなイメージから、
こちらの楽曲も上記の「ディレンマとキャンドル」のような落ち着いたイメージがあります。
「別れのうた」というわかりやすいタイトルからも連想できる内容ですが、
悲しげに響くメロディーが秀逸です。

まとめ

次回作であり、すでにMVも公開されている、
「いいくすり」、「わるいくすり」のカップリング曲も今から楽しみでなりません。
DADAROMAもV系バンドの例に漏れず、AタイプやBタイプなどのタイプ商法がありますが、
彼らの楽曲はiTunesやLINEミュージックでも聞けるのが優しいですね。笑

興味がわいたかたはぜひ!
iTunesやLINEミュージックで聞いてみてください!
CD派だ!というかたはタワレコあたり、もしくはAmazonで購入してください!

以上、RABIMAX管理人らびでしたー!