ちわ〜!らびろぐ管理人らびでっす!
レジェンズって知ってますか!?
え!?知らない…そうか…

レジェンズとは

『レジェンズ』 (Legendz) とは、WiZ原案による、アニメ、漫画、小説、ゲームなど様々な分野にメディアミックス展開されている作品。

※wikipediaより

たまごっちデジタルモンスターを手がけたWiZによって送り出された電子ゲームです。
2003年にデジモンフロンティアが終了し、一旦アニメ展開のなくなったデジモンシリーズ。
その翌年に放送が開始されたのがレジェンズでした。

アニメはカートゥーン調で描かれ、
圧倒的に子供的なアニメかと思いきや終盤は重く、
そして感動を誘う展開となっており、このシーンを子供の頃に見て印象に残っている人も多いのではないでしょうか!

そんなレジェンズは漫画展開もされており、

アニメのカートゥーン調とは違いこちらが一般的な絵柄で描かれています。
連載が月間のジャンプだったのである程度年齢が上の層にも読んでもらえるように、ってことですかね。

おもちゃ展開

そんなレジェンズにはデジモンで言うところのデジヴァイスに当たるタリスポッドというアイテムが登場します。

外観はこんな感じ。

上部にソウルドールと言うものをはめ込むことでレジェンズをリボーンさせます。
このソウルドールが当時としては革新的で、本体ではなくこのソウルドールに育成したキャラをセーブすることができました。
ソウルドールにも種類があり、1ソウルドールにつき呼び出せるレジェンズは1種でした。

↑のリンク先を見ていただければわかると思いますが、
ソウルドール一つ一つにレジェンズが描かれており、
その描かれているレジェンズをゲーム機内に召喚(リボーン)させることができました。
上のセットでは、レジェンズイエティ、レジェンズヴォルケーノキングドラゴン、レジェンズゴブリンが召喚できますね。

そしてお約束の進化版アイテムもあります。

それがこちらのタリスダム
同時に3体まで育成ができるようになり、エレメンタルレギオンという機能も実装されました。

このエレメンタルレギオンはデジモンで言うところのジョグレスのようなもので、
タリスダムにセットされたソウルドールのキャラ3体を合体させてエレメンタルレギオン化させることができました。
そしてタリスダムでは3体育成が可能に。

この複数育成機能は最近のデジモン20thシリーズなどで可能になりましたが、
2004年の時点で実はこちらのタリスダムに先に実装されていたものを実装しただけなんですよね( ˘ω˘)<もっと早くしろ

ゲーム展開

最初に発売されたものがこちら。
これも画期的だったのはタリスポッド、タリスダムで育成したレジェンズを連れてくることができた点です。
ソウルドールを記憶装置として利用しているからこそできたものでしたね〜。

自分が育成していたドット絵のキャラクターがゲームボーイアドバンスの画面で描写されると言うのは、
なかなかに感動しましたね( ˘ω˘)

ゲームは続編も製作されており、バンダイ、およびWiZが力を入れていたことが伺えます。
アニメの出来も良かったし、玩具としても面白かったんですが、如何せん…伸びませんでしたね。。。

最後に

バンダイはこういうのもプレバンで復刻してくれんかなぁ〜!
って思っています!

と言うのも、
タリスポッド、タリスダムはまあ中古で手に入るんですが、
ソウルドールの方が入手困難品がかなり多いです。
特に最後の方の末期時代のものは見かけることも稀ですね。

私がこの記事を執筆しようと思ったのは、
たまたま立ち寄ったリサイクルショップでタリスダムを購入したからでした( ˘ω˘)
中古ショップなどでもほとんど見かけないので、
上ではったアマゾンリンクから、もしくはメルカリなどで探して購入するのが今は一番早いかな、と思います。

探せばリサイクルショップにもあると思いますが、
骨が折れますよ(ヽ´ω`)
興味が湧いた方はとりあえずアニメを見るのがおすすめです!
以上、らびろぐ管理人らびでした!