ちわ〜!らびろぐ管理人らびです!
ずっと楽しみにしていたDEZERTのニューアルバム、
black hole」が発売されました!

昨日一日聞いてたのでとりあえず聞いてみた感じの感想を書きます( ˘ω˘)
レビューじゃなく感想です( ˘ω˘)

DEZERT 「black hole」

01. Dark In Black Hole
02. バケモノ
03. Thirsty?
04. みぎて
05. 白痴
06. Call of Rescue
07. 半透明を食べる。
08. 御法度
09. 神経と重力
10. 天使の前頭葉
11. ラプソディ・イン・マイ・ヘッド
12. 感染少女
13. True Man
14. I’m sorry

収録曲はこちら( ˘ω˘)☝

バケモノは先行配信されてましたね!
通して聞いてみた感想としてはとても聴きやすいという印象。

昔のDEZERTは尖っていて。
誰かに曲を届けるっていうスタンスじゃなくて。

わかるやつだけわかってくれたらそれでいい

ってスタイルだったと私は思うんですよ。
でも今はだいぶ変わりましたね。

まずアルバム自体がずっと聞いていられるものになったと思います。
今までのアルバム、特に初期のものは聞いていて疲れるんです。
もちろんメロディラインが素晴らしい曲もあったし、
今のスタイルに近しい楽曲もあったりもしましたけど。

それでもエゴを叩きつけられるものは疲れる。
それがTODAYからはより大衆を意識したアルバムになって。

今回のこの「black hole」は現在のDEZERTが目指す完成形に近いのではないでしょうかね。
本当にずっと聞いていられる名盤だと思う。

フィクションからリアルへ

昔の曲はフィクション性が強かったと思うんですよ。
肋骨少女」とか「大塚ヘッドロック」とか。

でも今作は歌詞がリアルで。
ああ、ありそうだな」とか「わかるな」って思えるものの比率がぐっと増えていて。
作詞者本人ではないのでどこまでが嘘でどこまでが本当なのかはわかりませんが、
以前までの圧倒的フィクション感は薄れてリアルになりましたね。

きっと歌う側も、そして楽曲を聞いている側も意識を曲にむけやすくなったと思うんですよ。
感情移入しやすいというか。
曲それぞれが印象に残りやすくなったと思いますね!

お気に入りの楽曲

まだまだ聞き込みが足りないのでふんわりと触れるだけですが、
さらっと聞いて特に印象に残った曲を…

02. バケモノ
先行配信された楽曲。
インタビューではリードとして作られたわけではないということが語られてましたが、
やはり楽曲としては一番印象に残りますね。(先行配信でたくさん聞いたからの可能性が

サビがめちゃくちゃいい。
なにかのアニソンとかに使われてても全然かっこいいPVになりそうですね。

08. 御法度
始まりの音造りがめちゃくちゃDEZERTっぽい。
いやまあDEZERTだから当然なんですけど。
この曲は昔のアルバムにそっと入れられてても全然違和感ない気もしますね。

行こうよ あの場所へ 光のもっと先の方

ってサビでの広がりが好きです。
昔のDEZERTでは考えられない…

11. ラプソディ・イン・マイ・ヘッド
一番印象に残ったかもしれない。
歌い方、演奏のクセがすごい。
感想を言うのが難しいのでこれはぜひ聞いてほしい。
最後の哀愁を感じる終わり方がいい。

12. 感染少女
DEZERTでサビで韻を踏んでるのって珍しいんじゃないかな、と。
こちらもサビが耳に残ります。

14. I’m sorry
最後にとんでもない名曲が…
これは本当にグッときたとしか言いようがない。

優しい曲。でも悲しい曲。
そんなイメージを持ちました。

まとめ

今作も買って損なし。
いや買わないと損をする。
そんなアルバムでした。

これだからDEZERTを聞くのはやめられない!
以上らびろぐ管理人らびでした〜