DEZERTというバンドについて語ろう。

ちわ〜!
らびろぐ管理人らびです。

以前のDEZERTの記事からだとおよそ1年二ヶ月ぶりの記事となりますが、
「バケモノ」というMVを見て聞いて、結果思ったことが溢れたので記事にしていきます。

バケモノ

次回作、「black hole」に収録される新曲、「バケモノ」のMVが公開されました。

前回のフルアルバム、「TODAY」のレビューというか感想記事を書いたとき、
ずっとこのスタイルで行くというのなら私はきっと否定します。」ということを書きました。

前回の記事→「DEZERT、TODAYレビュー!

正直受け入れられないと、
変わってしまうのはよくないと、
この記事を書いたときの私は「TODAY」というアルバムを肯定的に捉えつつも、
やはり以前の音楽性も持ったままでいてほしいと思っていました。

でももうそんなことは「どうでもいい」んです。
記事にはしませんでしたがもちろん「血液がない! / Call of Rescue」も買って聞きましたし、
今回の「バケモノ」も配信された瞬間に購入しました。
それぐらいDEZERTが好きです。

そんな私がやっと気がついたのは、
音楽性がどうだとか変わっただとか変わってほしくないとか、
根本は変わってないとかそんなことはもうどうでもいいんだなって思ったんですよ。

ただ新作が出て、毎回「いいなこの曲」って思わせてくれる。
それだけで十分だったんです。

音楽性の変化 = 劣化だと私は思っていましたし、
実際音楽性を変化させたバンドが出してくる曲は正直微妙だなって思うことが多かったんです。

でもDEZERTは違いましたね。
確かに音楽性は変わった。でも劣化はしていない。
むしろ進化すら感じる。
だからいつまでも応援できるし、聞いていられる。

彼らこそ本当に「バケモノ」なのかもしれませんね。
これだけ方向転換してそれでもなおいい音楽を発信できるバンドって本当に稀有だと思います。
これから先どうなっていくかはわかりませんが、現状この方向転換は「正解」だったんだろうなって思います。
まっすぐに伝わる歌詞、素晴らしいメロディ。
それだけでDEZERTには聞く価値がある。

タイトルなし」の頃から考えたら、
めちゃくちゃ進化してんなDEZERT!って思いましたね。
賛否はどこまでも付き纏う。
でも彼らなら限りなく賛を増やして否を減らせると思いますね。

まだDEZERTを聞いたことないって人聞かないと損しますよ。
私の一番好きな曲、「Stranger」のMVをおいておくのでぜひ聞いてみてください( ˘ω˘)

Stranger