こんにちは。
らびろぐ管理人、らびです。
NOCTURNAL BLOODLUSTのLinが脱退との報を受けて記事を書いています。

まあ一言言わしてもらうと、
「なにしにきたんだお前?」
って感じですかね。

迷惑をかけるだけかけて出ていった、という結果が残りましたね。
筋が通りません。
先ずLin(G)という人物についてちょろっと書きます。

Lin

Linは元々abstractsというバンドで活動しており、
今年そのバンドの休止を受け、ノクブラへ電撃加入!という流れのようでした。
abstractsも調べてみるとジャンルがメタルなので親和性が高かったようですね。

誰を加入させるかはレーベル、メンバーの意思ですから、
そこをとやかく言うつもりはありませんが、

身辺調査

ぐらいはしたほうがよかったんじゃないですかねぇ。
今から言っても遅い話ではありますが。

私は申し訳ない話ですがabstractsというバンドは知りませんでした。
が、見てる感じファンの方もたくさんいそうですし、
復活を待っている人もいたんじゃないのかなぁと思うとこの裏切りは許せませんね。

結局一度もステージにあがることもなく、
居場所も失ってしまった感じですね。
薬って怖い。

メンバー入れ替えからの変化

楽曲もかなり路線が変わっております。
私としては…とても残念でなりません。

こちらのツイートが私の言いたいことそのまんま書いたようなツイートだったので、
引用させていただきます( ˘ω˘)

Cazqui、Daichiがいた頃からの差別化を図りたいのかもしれませんが、
さすがにこれは受け付けられませんでした。

やっぱノクブラつったら曲の壮大さと神々しさだと私は思うんですよ。
そこには歌詞も大事であり…
今回のミニアルバムの歌詞みたら目ン玉飛び出ました。

マキシマム○ホルモンじゃないんだからさぁ…
この路線はないよ。
いや、私ホルモン大好きなんですけどね。
その、ノクブラがやるのはおかしいだろ?って話ですね。

あとは、メンバーdisのうたもどうかと思いますね。
まあ、捉え方次第ってバンド側は言ってますけど、
このタイミングでそんな曲だしたらいやでもそっちいくだろ?って。
アホなのではないかと思いましたねぇ…

最後に

THE OMNIGODはめちゃくちゃ聞き込みましたし、
私の中で名盤であることに変わりはありません。

しかしこれから先彼らに興味があるかと言われれば今回の楽曲だけ聞いた感想でいうとないです。

次の楽曲ぐらいまではチェックすると思いますが、
それでもこの路線ならもうダメだなぁ…

あとは脱V系したいのかな?
って感じですけど、するならする、しないならしないでハッキリしたほうがいいです。
ただノクブラの強みってなんなのかってことを思い出してもらいたいですね…

次回の挽回に期待したいと思います。
以上、らびろぐ管理人らびでした。