一瞬あこがれた、AQUOS CRYSTAL 305SH買ってみた。

こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!!
本日ご紹介するのは、2014年にソフトバンクより発売された、
AQUOS CRYSTAL 305SHでっす!!

画像クリックでAmazonへ遷移します。

いやー、昔2秒ぐらいこのベゼルレス、フル画面にあこがれたんですよねー。
今やスマホのベゼルレスは当たり前のようになってきたので、
2014年当時を感がえれば4年先に目を向けていたということになりますね。

いやいや、目の付け所がまじでシャープです。
画面はよかったんですけどねぇー…。

AQUOS CRYSTAL 305SH

今でもディスプレイ側のデザインは通用しそうです。
特に下側のベゼルが残っているのは持ちやすそうでいいですね。

昨今のベゼルレスはガチベゼルレスのため、持つところに苦慮しそうな印象を持ってます。
さて、ここでスペックを。

サイズ(幅×高さ×厚さ)/重さ 約67×131×10mm /約140g
連続通話時間/連続待受時間※5 W-CDMA網 約800分/約620時間(静止状態)
GSM網 約510分/約570時間(静止状態)
FDD-LTE網 待受時間:約530時間(静止状態)
AXGP網 待受時間:約480時間(静止状態)
ディスプレー 約5.0インチHD(1,280×720ドット)
S-CG Silicon液晶(最大1,677万色)
モバイルカメラ(画素数/タイプ) メイン 有効画素数約800万画素/CMOS(AF・手ぶれ軽減)
サブ 有効画素数約120万画素/CMOS
外部メモリー/推奨容量 microSDXCカード(microSDHCカード4GB同梱)/最大128GB
内蔵メモリー ROM 8GB
RAM 1.5GB
CPU(クロック数/チップ) 1.2GHzクアッドコア/MSM8926
電池容量 2,040mAh
Wi-Fi(対応規格、周波数) IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth® Ver.4.0
プラットフォーム Android™ 4.4.2(KitKat®)
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、ピンク、ブルー

ROMが8GB、RAMが1.5GBというところに時代を感じますね…!!
しかもスナドラも800番台ではなく、400番台というエントリー仕様。

同じ時期ぐらいに発売されたXperia Z2はスナドラ801を搭載していたにも関わらず、
全面的に押し出していたモデルがエントリーだったのには驚きましたね。

もちろんゲーム性能は×です。
電池持ちもあまりよくないという記事を見ました。
が、ふと気づいてしまったんですね…

SHARPのSH03-G(Snapdragon810搭載機)より普段使いの動作マシじゃね!?
とね( ˘ω˘)

SH03-Gのレビュー記事はこちら↓
スマホゲーマーな私がスナドラ810搭載端末をゲームしてみた!

確かに最近のスマホと比較するともっさりしてるんですが、
すぐ爆熱になって動きが死んでいたSH03-Gよりは安定感があります。

ただ惜しいのは、SIMロック解除することができない。
業者に頼めばできるかもしれませんが、
公式にアンロックすることはできません。

なので中古市場の価格もだいぶ低いですね。
え?いくらで買ったかだって?
2000円だよ( ˘ω˘)

まーガジェット好きじゃない人から見れば2000円でもいらんわw
ってなりそうですが、レビューもしてみたかったし、
昔ちょっと欲しいなって思った端末だったんで購入しました!!

悪くない、悪くないが、
最初からスナドラ800番台をつんでいればなぁ〜という印象は拭えませんでした。

ちなみにこのスマホが発売された2014年8月から4ヶ月後、
スナップドラゴン801を搭載した、「AQUOS CRYSTAL X」が発売されています。
こちらもSIMロックを解除することはできません。

また表側のデザインは、私は文句なしで好きですが、
裏側のデザインはちょっとチープであんまり好きになれませんでした。

昔欲しかったスマホなので、
格安で入手できて満足はしています!!

激安で見かけたらWifi専用機として購入してみるのもいいんじゃないでしょうか!!
以上、RABIMAX管理人らびでしたー!

タイトルとURLをコピーしました