こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!
本日発売のFixerのArbiterを購入したので、早速レビューというか感想を!


完全限定1000枚で生産された本作。
私は仕事の都合で買いに行く時間がとれなかったので、iTunesで購入しました。

CD 収録曲:
1. ARBITER
2. sublime dystopia
3. TEMPtation

1曲目、ARBITER
こちらは表題曲なのでYoutubeで発売前から聞いていましたが、やはりかっこいいですね。
「ARBITER」の意味は、決定者,裁断者らしいですが、歌詞がまさにそれっぽい。

単純に表題曲らしい楽曲に仕上がってると思いました!
最近ではYoutubeの再生数の伸びもあがってきてるので足元が盤石になるまでもう少し!といったところでしょうか。

ヴォーカルのJeyさんは、Dir en grey世代でしょうか。
声質は全然違うのですがバックグラウンドに近しいものを感じますね!

2曲目、「sublime dystopia」。
最初がテクノっぽい感じですね。
こちらの楽曲はどこかで聞いたような既視感がありましたが、
いざ盛り上がってくるとFixerらしさ前回の楽曲でした。

サビはクリーンに展開して、
男くさいかけあいへと進みます。
これはこれでかっこいい!

Jeyさんのデスボには凄みがありますね。

3曲目、「TEMPtation」
サイレンが鳴り響いてるのが印象的な立ち上がり。
日本語詞、ですがデスボとクリーンを織り交ぜて歌い上げています。
タイトルのTEMPが大文字なのにはどんな意味があるんですかね…

総評

すべての楽曲が3分台と非常にコンパクトにまとまっている印象。
このあたりで煮詰まってもおかしくないだけに、
シングルできたのは正解だったかもしれませんね。

リナリアがバラードだっただけに、
今作は対局の位置を意識したのかな、なんて思いました。

新年一発目はシングルでしたが、
今年中にフルアルバムを出してほしいですね!

「ARBITER」は非常に耳に残る楽曲に印象的な歌詞で、
今年のつかみは完璧です。
Fixerの活躍には期待したいところ!

以上、RABIMAX管理人らびでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください