【11/6追記】LG G5購入したのでレビュー!!

こんにちは!RABIMAX管理人、らびです!
いやー、だいぶ安くなりましたね、LG G5!!
やすかったのでさらっと購入してきたのでレビューいたします!

まずは、ざっくりとスペックを。

CPU:QUALCOMM SNAPDRAGON 820
ディスプレイ:5.3インチQUAD HD IPS QUANTUMディスプレイ(2560*1440/554ppi)
メモリ容量:4GB LPDDR4 RAM
ストレージ:32GB(マイクロSDカードスロットで2TBまで容量拡張可能)
メインカメラ:デュアルカメラ(16MP、8MP)
サブカメラ:8MP
バッテリー容量:2800mAh(着脱式)
OS:Android 6.0 Marshmallo(Android7.0へアップデート可)
面積:149.4*73.9*7.7mm
重さ(重量・質量):159g
接続性:Wi-Fi 802.11 a, b, g, n, ac / USB Type-C / NFC / Bluetooth 4.2
カラーバリエーション:シルバー、チタン、ゴールド、ピンク

ハイエンド!!
Galaxy S7 edgeあたりと同じぐらいのスペックですね。
ベンチマークはとってないんですが、(とれよ)
おそらく13万~15万ぐらいだと思います。

結構見た目が安っぽいとかチープだってレビューを見るんですが、
私はまあ見た目へのこだわりがないのでそんなにチープかな?って印象を持ちました。
私は結構好きですよ!この見た目!!

背面のカメラのあたりはぽっこりしてますが、
使っているときに特に違和感はありません。
これに関しては装着するケースにもよるのでなんとも言いにくいのですが。

DSDS対応!?

残念ながらDSDSには対応していません。
私の購入したH860NはSIMカードを2枚差せるデュアルSIMではあるのですが、
DSSS(デュアルSIM、シングルスタンバイ)となります。

どういうことかと言いますと、
SIMカードは2枚差すことができるのですが、待受できるのは一枚のSIMのみ。
つまり、2枚差しておくことはできるが、通話、通信で使用できるのは一枚となります。

らびだったらDSSSはどう使う?

私はLINEモバイルとmineo dプランのSIMを差してますが通信するときに使いたいほうを選択してしようしています。
私の場合、家族がmineoなので、余った容量が私のところに送られてきます。
LINEモバイルがメイン(通話、通信用)、
mineoが(通信用)サブです。

今までは、LINEモバイルのデータ容量がなくなったらsimピンでsimカードを取り出して交換して、
ということを行っていました。
しかしDSSSだと、同時待ち受けはできませんが、いちいちsimカードを入れ替えなくてよくなったので手間は省けました。
もちろんDSDSだったらよかったのになぁ、とは思いますが。

バッテリーの交換が可能!

サムネイルを見て、なんだこれ!?
と思った人もいることでしょう!!
なんと!最近にハイエンドではほぼ不可能となった電池交換に対応しています!!

液晶を上に向けた時の左側面、下部にボタンがあります。
こいつを押しながらグイっとひっぱってやるとすぽっと下部が抜けます!

ここにバッテリーがあるのでバッテリー交換が可能なんですね。
しかもしかもLG G5用のモジュールも存在しています!
ざっくりですが音質をあげるモジュール、カメラを使いやすくするモジュール的なやつです!

まだ購入できていないので、購入でき次第レビューしたいと思います!
だいぶお値段も安くなってきているので、購入するなら今が狙い目かもしれません!

■■■■■■11/6追記■■■■■■
前回のファーストレビューから、2ヶ月間メイン端末として使用したので、
使用感を再度レビューしていきます!!

3万円代で購入できるハイエンド端末

Amazonで39000円、じゃんぱらなどの中古ショップで25000〜35000程度で購入可能です。
らびの2ヶ月使用した感想としては、思っていたよりも出来がいい!ということです。

LGのスマートフォンは、王道を行くサムスンの斜め横を駆け抜けていく感じで好きなのですが、
今まで使用してきたLGのスマホの中でこのLG G5は一番好きでした。

ゲーム性能

一世代前のSnapdragon820、メモリは4GBをつんでいるためほぼ全てのゲームはサクサクでした。
もちろん現行のハイエンド端末、iPhoneには劣りますが、
価格が3万円台のスマホと考えるとコスパは最高クラスです。

以前掲載しませんでしたが、ベンチマークスコアの画像を下記に貼っておきます。

最近は20万近くのスコアが出ていますが、
それらのスマホは安くとも5万以上、高い端末だと10万ほどするので、
3万円台でここまでのスコアがでれば十分です。

ゲームをプレイする上でもこれだけスコアがでていれば不安はありません。
3Dのスコアが4万点を超えているのは心強いですね。

難点をあげるとすれば

使用していて感じた難点は、
せっかくモジュールを交換できるが特に使用する必要性がない
ということです。

カメラ用のモジュール、
ハイレゾを聞くようのモジュールと、G5用のモジュールは存在しますが、
絶対に欲しい!とまで物欲が沸きませんでした。

ただ、長く使用するつもりなので、
バッテリーの交換ができるというメリットは大きいです。

また海外端末であること、日本未発売であるため、
スマホのケースの選択肢が少ないです。
あったとしてもAmazonで購入して海外から輸入という形になるので結構な日数がかかったりします。

私は安定のSpigenのケースを利用していますが、
マイナー端末の宿命、これだ!というケースには未だに出会えておりません。

スマホゲーマーへ

低価格で買えるゲーム端末をお探しの方、
LG G5はおすすめできる端末でしたので、ぜひ購入してみてはいかがでしょうかo(`ω´ )o!
以上、RABIMAX管理人らびでした!!

スマホ

Posted by rabi